top of page
Open Site Navigation

マイナス思考の癖が出たとき

自身の性格、癖が出た時(例えば、小さなことでクヨクヨしたり、自己反省を長引かせたりなどのマイナス的な思考など)は、鏡を見て自身にしっかり『言葉』を使います。


この使い方をしてからは、以前より気持ちの切り替えが早くなり、感情の振り幅が小さくなってきたように思います。



ひとめ(秋田県/50代)

閲覧数:297回

関連記事

すべて表示

日頃からほとんど会話も無く、わたしに頼ることなどない夫が、「風邪をひいたかな…」と話してきました。よほど体調が悪かったようで、そんなことをわたしに言ってくるなんて初めてでした。 震えながら運転する夫に付き添い、『3 58すそいおん』を使いました。すると夫の震えが収まり、無事に救急の総合病院に着いて診察を受けることができました。診察時間もだいぶかかりましたが、その間も『言葉』をずっと使っていました。

職場の入社して2年の社員が、会社の留守電に「鬱みたいなので、休みます」と、午前3時に残したまま、行方不明になりました。 彼の自宅は国道から20分入った山にあり、行こうと思えば、すぐに山奥に行ける環境です。これは『すそいおん』しかないと思い、必死に、彼の顔を浮かべながら 使いました。 途中から、なんだか、絶対戻ってくる、という確信みたいなのが私の中にわいてきました。そして3日後、彼は山奥から、無事戻

『すそいおん』と自分に使うと力みがとれ、お腹のあたりが温かくなるのを感じます。この身体の反応が効いている合図なのかな、と勝手に思っています。 苦手な人に『言葉』を使うと気にならなくなるということもあります。 辛い日々をなんとかやってこられたのも、『言葉』のおかげだなと思います。 ひよこ(山形県/30代)

© 2022 すそいおんのおと

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

#すそいおん

Close Site Navigation
bottom of page