top of page

一切を手放し、死ぬように眠る

私は長い間、思考のオンパレードと、感情の洪水に、自分自身がのみ込まれながら生きていました。そして自分の人生を振り返り、そのことがいかに無駄なエネルギーだったか分かりました。今、私には夢や希望はありませんが、願望や欲求がないことで気持ちは楽ですが、ともすると、生きることがつまらなく感じてしまいます。ですから、なんでもないような日常を、今日一日のいのち、と思い命懸けで生きています。


眠る前は一切の思いを手放して空になり、『すそいおん』だけを繰り返し身体中に響かせながら、命を終えるように眠りにいきます。すると、毎日、鮮明な夢を見るようになりました。辻褄の合わない、脈絡のない、珍劇場のようなストーリー展開ですが、その夢の一部分に、数日後の現実につながる、1点が紛れていることに気付きました。その現実は、今までの現実のパターンとは違い、つながらないはずの道が拓くように起こります。しかも、軽やかに、愉快に、自然に、です。


このことが、偶然なのか、わたしの気のせいなのか、毎日、夢を記録しながら、検証しています。今夜も、『すそいおん』だけを手にして、あとの一切は手放し、死ぬように眠りにいきます。



ooo39522726(岩手県/40代)


閲覧数:40回

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page