top of page

人生、根底から七変化

私にとって『すそいおん』は、自分軸を整えるのになくてはならないものとして、お守りのように大切な言葉です。

不安な時、弱い自身に負けそうな時、怒りが湧いてどうしようもない時、悲しい時、制御しづらい感情が湧いてきた時は、『すそいおん』を心の中で言い続けるとスッと自分の中心に戻り落ち着きを取り戻します。

日々のルーティンとして、一日の始まりの朝と終わりの時間の夜は必ず心の中で言いながら、自分軸を整え、リセットする静かな時間をとっています。


パートナーが突然腹痛で倒れ、激痛でのたうちまわり救急車を呼ぼうか悩んでいた時、とっさに出たのは『すそいおん』でした。

彼に向かって『すそいおん』を集中して言い続け20分ぐらい経った頃、痛みが緩和に向かい、窮地を脱した不思議な体験でした。


ヘッドマッサージをしている時に『すそいおん』を言いながらするのですが、ゆらぎの中で混ざり合うような一体感の中、

「こんな施術は初めて。何とも表現しがたい深いリラックスを体感した」

と皆さまに喜ばれています。


社会に絶望し、人も怖くなり、どう生きて良いかわからず、経済も破綻。夫婦仲も最悪な状態の中、殻に閉じこもり、消えたいと思いながらも、子供のため誤魔化しながら生きていた私が、『すそいおん』を日々使うことで、どんどん心が軽くなり、前向きに現実を受け止められるように変化してきました。

今では夫婦円満。和菓子づくりの仕事の縁に与り、金賞を頂くほど。

奇跡のように、ものごとがスムーズにまわり始め経済も回復。

生きることに喜びを感じています!



プラチナ女子(大分県/50代)

閲覧数:1,122回0件のコメント

関連記事

すべて表示

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

納得いくまで使ってみる

私はある食品工場に勤めています。私の勤める工場では、海藻加工品を主に生産しています。工場は創業してから40年以上経ちますが、海辺の近くにあるため、地震などの影響を想定して、本社から車で1時間近くかかる山の中に、新たに工場を作りました。稼働してから5年ほど経ちますが、本社から異動した人は本社勤務と変わらないように働いています。しかし、新工場で直接雇った人の定着率がよくありません。先月も若手の社員が2

Commentaires


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page