top of page

使い方の大切さ学んだ出来事

私の長男はてんかん発作があります。乳幼児の頃からてんかん発作の薬を飲んでいますが、しばらくはコントロールができ、発作が落ち着いている時期もありました。思春期になり、活動が増え、精神的な成長もあってか、疲労や寝不足が続くと数十秒から1分程度のけいれん発作がみられるようになりました。薬の量を増やすことも考えましたが、副作用も伴うため生活習慣を整えることで体調維持できないかと試行錯誤していました。


そんな時いただいた言葉が『すそいおん』でした。はじめはただ『言葉』を繰り返して試していましたが、ある時いつもより発作時間が長くなり、辛そうな息子の姿を見ながら、何とかしてあげたいという気持ちが強く表れました。

その時自然に息子の胸と頭に手がいき、不思議なほどの集中力で、一心に『すそいおん』と繰り返している私がいました。数秒で発作は治まり、「よかった」と安堵しました。


『言葉』の持つ力のすごさに感動するとともに、使い方の大切さも学んだような出来事でした。今も時々発作はありますが、不安というよりは大丈夫という安心感に変わり、捉え方も変化してきています。

『すそいおん』は息子にとっての抗てんかん薬になりました。



かん(鹿児島県/50代)

閲覧数:42回0件のコメント

関連記事

すべて表示

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

納得いくまで使ってみる

私はある食品工場に勤めています。私の勤める工場では、海藻加工品を主に生産しています。工場は創業してから40年以上経ちますが、海辺の近くにあるため、地震などの影響を想定して、本社から車で1時間近くかかる山の中に、新たに工場を作りました。稼働してから5年ほど経ちますが、本社から異動した人は本社勤務と変わらないように働いています。しかし、新工場で直接雇った人の定着率がよくありません。先月も若手の社員が2

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page