top of page

奥義を窮める道

3年半『言葉』を使った。

様々なことがあったが、その具体的ポイントは、『言葉』を入れ込むようにするということだった。例えば腹痛ならただ唱えるのでなく患部に向かい内部に入れ込むように使うのだ。全身に使いたい時は全身写真を見ながら、丸に全身を入れるようにイメージしてから『言葉』を入れ込む。自身以外のヒトや物、何であっても同じように使ってきた。


しかしそれを基本としながらも、特に厄介なのは精神的な問題だ。例えば鬱や神経症に似た、原因不明の苦しみから、毎日死を思う人もいるのではないか。『言葉』を言って入れ込むのもしんどい時、私は予め貼っておいた数字と『言葉』をひたすら見つめる。しんどくてしんどくて堪らないけれどじっと見つめ続けると、(多分視覚から入り込むのだろう)暫くすると身体が動き出し、気持ちも軽くなる。


ここまで書いたのはあくまでも現時点での状況なので、いずれもっと速攻で様々な事柄に効く時がくるのかもしれない。『言葉』を使い続けると思考が変わり、行動が変わる。同じ状況でも周りの世界が違って見えてくる。

自身が軽くなる。人間は宗教、道徳、教育などで人を変えようとしてきた。そこに説かれるのは努力などの精神論だ。しかしそれは一時的に変わっても継続が困難だと私は思う。最近の科学は様々な現象を解明しているが、人間が変わることについての具体的な手立てまではつかめていない。それを『言葉』は勝手に変えていく。

もう一度言う、勝手に、だ。それも全体とのバランスの中で!個を変えながら全体を変えていくのだと思う。科学は証明されるまで怪しいものとして扱われるが、この『言葉』は、必ず未来に証明されると確信している。


私たちはとてもラッキーなのだ。



白い紙舟(福島県/50代)




閲覧数:219回0件のコメント

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page