top of page

娘を通し、アンサングヒーロー大活躍

スペインで暮らしている娘がおります。遠く離れて暮らす娘が心配で、毎晩、写真に向かって『すそいおん』を送っておりました。


その娘の体験談です。

パラグライダープレワールドカップに出場中、1,300mの地点で操作不能に陥りました。パラシュート使用で窮状脱出を試みるも幾本もの紐が絡んで開かない。

「死ぬのはいやだ!いやだ!」と叫びながらいつの間にか気を失ったとのことでした。


一命を取り止め、運ばれた病院での診断は、顔面擦り傷少々、くも膜下出血ごく少量、右骨盤骨折3箇所だったそうですが、手術は無事終了。その後、診察にあたった日本の整形外科医の話では、「入っているプレートは扱いが難しく、腕の良い医者でないと扱えないもの。良い医者にあたってラッキーでしたね」とのことでした。


ひと月後にはリハビリを始め、約3ヶ月程で全快。全く後遺症無しとの診断で、何から何まで全てが奇跡の連続でした。

飛ぶことへの恐怖のトラウマもどうやら克服し、性懲りも無くまた飛んでおります。


娘は、これまでも危うい場面では祖父母が夢に現れ守って貰えてると言ってはおりましたが、今回の件に至っては、

「普通は助からない落ち方をしたにもかかわらず生きていた。祖父母か、または何か大きな存在に助けられたとしか思えない」と話しておりました。


その後、娘に『すそいおん』の存在を伝えました。私は縁の下の力持ち、これからも娘や周りの皆さんを支えるアンサングヒーローとして活躍していきます!



夢見草(岩手県/70代)

閲覧数:19回

関連記事

すべて表示

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

納得いくまで使ってみる

私はある食品工場に勤めています。私の勤める工場では、海藻加工品を主に生産しています。工場は創業してから40年以上経ちますが、海辺の近くにあるため、地震などの影響を想定して、本社から車で1時間近くかかる山の中に、新たに工場を作りました。稼働してから5年ほど経ちますが、本社から異動した人は本社勤務と変わらないように働いています。しかし、新工場で直接雇った人の定着率がよくありません。先月も若手の社員が2

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page