top of page

愛犬とシンクロ

家には小型犬がいます。とても食いしん坊な子で小型犬用のガムなどはあっという間に食べてしまうので、長く噛めるよう、中型犬に与えるような大きめの牛皮で出来たものを与えていました。


食べていくうちにだんだん短くなって、最後はげんこつのような結んである大きめの塊の部分だけになり、もしもこれを飲み込んだら危ないな、と思っていた最中の出来事でした。

飲み込んだ直後、急に苦しみだし、背中を叩いたり摩ったり、口から引っ張って出そうと頑張ってみたりしましたが全然出て来ません。

しかも夜なので、獣医さんに連れて行く前に死んでしまうのでは、と不安がよぎりました。


ふと『言葉』だ、と思い、頭からお尻の方へ撫でながら、必死で『言葉』を使いました。

その時、『言葉』と撫でていく手と同時に楽になり、ふさいでいた物がスッとお腹に落ちた、とても不思議な感覚を、犬を通し体験しました。



えとらんじゅ(山形県/40代)

閲覧数:34回0件のコメント

関連記事

すべて表示

使い続ける旅、運んだメダカ

『言葉』を使い始めて間もない頃のことです。 この「『言葉』の技術を確信したい」、そう思っていたある日、飼っていたメダカが死んでしまいました。 そこで私は、そのメダカに向け必死で『言葉』を使いましたが、残念ながら死んだメダカはそのまま水槽に浮いたままでした。 そして翌朝水槽を見たら、何と、泳いでいるではありませんか、、。 余りの驚きに、愕然としました。 そして、もう完璧に確信です。 この『言葉』が一

決戦の日、すんなり決着

来る。きっと来る。決戦の日は必ず来る…捨て猫、保護猫、野良猫と30年以上暮らしてきた中、最強に病院嫌いのぶんた。毎年夫婦で格闘20分。暴れ狂うぶんたを捕まえカゴへin。 今年もワクチン接種・血液検査が来た〜 が、私もアホじゃない。 決戦日1ケ月前から毎日、「ぶんた、『すそいおん』だよ。いい子 いい子。『すそいおん』だよ」と囁き撫でながら当日を迎えた。主人は例年通りド緊張… しかしながら、あっさり私

結果の見える有難さ

我が家の愛犬と暮らし始めて10年になります。夫や私が帰る車の音を聞きつけて、いつも玄関で待っていてくれるのですが、今日はあれっ!来ない…。どうした? リビングに行くとソファでクィーンと悲しげに泣いてる愛犬。腰を痛めて動けない状態になっていました。前にも1、2度そういうことがあり、病院に行って痛み止めの注射をして貰ったらすぐに良くなった経験があるので、今回も、と思ったのですが診療時間外でした。 どう

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page