top of page

来なくなったネズミ

田舎の実家は約250年くらい経つ古い家で、84歳の母がひとり暮らしをしています。

家の中に入って来るネズミに悩まされていましたが、年々ひどくなり、最後は行政の方に依頼する始末でした。それでも結果駄目で母も精神的に参っていました。


そんな状況下、遠く離れて暮らす実家の住所と母の名前、更に具体的に実家の庭、池、家の各部屋をイメージして『すそいおん』の言葉を朝、昼、夜と1か月間使っていきました。

しばらくして、母との何気ない電話で「そう言えば最近ネズミはどう?」と聞くと「言うの忘れてた、なんと5月上旬から一切ネズミが来なくなった…いやいやびっくり!」と母親が驚きながら嬉しい報告をしてくれました!


『言葉』をしっかり使うことで、現実の不可能な状況が変わり、奇跡的な展開を目の当たりにしました。

日々『言葉』を使っていくことは自身の技術磨き…今後も大切に使っていきたいと思います。



miyurinta(東京都/50代)

閲覧数:110回

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

参加表明

すそいおんのおとを初めて開いた。 未知の扉を怖々開けると、そこには知る由もない、全く新しい法則とやらが書かれていた。 そして、その取り扱い説明書のくだりを一気に読む。 ふむふむ、、 とりあえず、信じなくとも良いから、訳がわからなくとも良いから、 ひとまず素直に試してみませんか、の誘い、そして頭であれこれ考えるのでなく、自身の感覚や直感に従って、との事。 なるほど、、 ここで湧く2つの感情。 本当に

Comentarios


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page