top of page

病室で大笑い

母と同居している姉から、母がインフルエンザ脳症と診断され、集中治療室に入ったと連絡がきました。医師から「危険な状態にある、延命治療を受けるかどうか家族で決めておいてほしい」と話があり、急遽もう一人の姉と母のもとへ向かうことになりました。私も姉も遠方に住んでいるため、とりあえず姉のところまで行ってその日は泊まり、次の日に二人で向かうという予定になりました。


大変な状況になってやっと真剣に、母に向けて『言葉』を使いました。意識がないということだったので、行った時には意識が戻っていればいいなあと思いながら、何度も使い続けました。次の日、新幹線の中で「集中治療室から出られた」という姉からのメールを受け取り、ああよかった、とほっとして、その夜は久しぶりに会った姉夫婦と話が盛り上がり、みんなで大笑いして楽しく過ごして寝付きました。


そして翌日病院へ行くと、病室には、インフルエンザ脳症のことを検索して調べていた通りの症状の母がいました。ぼーっとしていて私たちのこともわからず、言葉を掛けても反応がないのです。姉二人はただただ困惑している様子。私はやっぱり『言葉』しかないと、『すそいおん』を繰り返しました。と、その時不思議なことに。何故か昨夜の大笑いの場面がよみがえり、こらえようのない笑いが込みあがってきたのです。訝しがる姉に、他の患者もいる病室で失礼かなと思いながら、昨夜の盛り上がったネタを話すと、姉たちもこらえきれずに笑いだしてしまい、母をよそに三人で笑っていました。すると母が「あの時は面白かったな」と急に話に参加して笑い出したのです。笑い出すと意識がはっきりしてきたのか、目の焦点も合い、ろれつも回りだし、徐々に状況がわかってきたようでした。そのあと病室から出て散歩することもでき、広い窓から海を一緒に眺めながら、母が戻ってこられたことを確信し、安堵しました。


あの時の、大笑いを呼び起こしてくれたというのが『言葉』の力なのかな、と思うのですが、何か『言葉』のもつ面白みを感じられたような気がして、もっといろんな面を体験したり、知ったりできるように、使い続けていきたいと思います。



coppe(徳島県/50代)


閲覧数:21回

関連記事

すべて表示

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

納得いくまで使ってみる

私はある食品工場に勤めています。私の勤める工場では、海藻加工品を主に生産しています。工場は創業してから40年以上経ちますが、海辺の近くにあるため、地震などの影響を想定して、本社から車で1時間近くかかる山の中に、新たに工場を作りました。稼働してから5年ほど経ちますが、本社から異動した人は本社勤務と変わらないように働いています。しかし、新工場で直接雇った人の定着率がよくありません。先月も若手の社員が2

© 2022 すそいおんのおと

bottom of page