top of page

自然との共振

私は今、九州で一番大きな町に住んでいます。 合併を経て一番になりましたが、それまでは県南のごく普通の漁師町でした。 今まで引っ越しを何度か経験しましたが、縁あって少女時代に住んでいた家にまた住み始めました。 時間の流れが緩やかで、心からの安らぎを感じる、そんな日々を送っています。

『言葉』を知ったのは3年と少し前のことです。それ以来自分自身にも『すそいおん すそいおん』と言葉をかけ、頭に浮かぶ近親者にも『言葉』をかけています。

そして毎朝習慣のようにしていることがあります。2階に屋上のような場所があるのですが、そこから見える景色にも『言葉』を使います。裏手に見える山や木々の緑に『すそいおん』。また目の前に広がる海にも『すそいおん すそいおん』と言葉を使います。特に海は○○地区、○○地区と具体的にイメージして『言葉』を使うようにしています。3年と少しの間、1日も欠かさずに続けています。


最近嬉しい知らせが、同じ町に住む若い友達から届きました。友達のお父さんは、元々真珠養殖の漁師さんでした。ところが海が汚れてしまって、随分前から養殖をやめていたそうです。その海が数年前から昔のように綺麗になり、お父さんはまた養殖を再開しようと準備しているそうです。九州一広い町にあって、私達の目の前の海だけ蘇っている。詳しく聞くと、海に『言葉』をかけてきた年月と重なります。はっきりと確かめる術はありませんが、他の友人からも同じ内容の話を聞いたので、勇気を出して書かせていただきました。


これからも毎日、海や山に『言葉』をかけ続けます。

またどんな変化が起きるのか楽しみです。



イングリッシュちゃん(大分県/70代)

閲覧数:123回0件のコメント

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page