top of page
Open Site Navigation

越境へのパスポート

『すそいおん』

何だろぅ、、この5文字のひらがなの羅列は?

呪文? マントラ? 或いは、おまじない?


2019年の暑い夏のある日、友達から唐突に受け取った『すそいおん』。

長い歳月生きてきた人生の中、

はたまた、ほんの瞬間のちっぽけなカケラに過ぎない人生の後半戦、

偶然にも出逢った『すそいおん』。

疑念と疑惑を持ちながらも、その日を境に実験の日々始まる。


そして、『すそいおん』を握り締め向かった沖縄。

タイミング良く予定されていたスケジュールで島に渡る。

さっそく、まるで何かに突き動かされるように、海に向かって『言葉』を発し続けた。

先ずはどうか、現実に、「目で見えるカタチで、与え給え、信じさせてください、、」と。


その後、島から戻り友人たちとランチへと向かう。

早い時間のホテルのレストランは、人もチラホラ。

勇んでバイキングのトングを鳴らしながら会場を小走りに、

そして山盛りの琉球野菜とソーキそばを載せたトレーを持って席に戻ると、

な、な、な、何と、これだけ広い会場の真隣の席に、

東京の会いたかった5年振りの友人が、あり得ない、あり得ない、

私の真隣の席にいるではありませんか、、


ひいぇぇ〜

心の中で降参の白旗を振りながら、

その日を境に、改めて『すそいおん』との日々が始まった。

その日の出来事を今振り返ると、

何と浅はかな思考なのかと、恥ずかしくも懐かしく笑える。


そして今、

これほど想定外で大切な、到底理解など出来ない、

越境へのパスポートを頂けたような喜びに、

『言葉』を知った1人の責任とし、自称伝道師をしています。笑


その後、決して、あの時のようなドラマチックな現象は起こらないけれど、

積み重ねられた小さな確信が、少しづつ、少しづつ、

人を含む世界の歪みに、微細であっても振動を与え続けることを信じています。


最後に1つ、

じゃーいったい、使うための秘訣は?と問うたなら、

唯一、使い続けること。

エントロピーが増大するホモサピエンスのシステムに抗いながら、

ひたすら、使い続けることが出来るか、だけらしい。



レム子(東京都/60代)

閲覧数:359回

関連記事

すべて表示

1月は誕生月。いつも誕生日には何かしらリラックスをセルフプレゼントすることにしている私。2023年に新しい出会いを!と行ったことのないサロンに予約を入れるつもりでした。そんなある日、買い物途中で久しぶりの友人にバッタリ会って立ち話。そこへジーッと私を見つめるようにしてゆっくり通りすぎたマスク女性がいました。あれ?どこかで見たことのある目だけど誰だっけ?その夜に、はたと気がついてLINEでご連絡。す

だいたいいつも夜中に一度はトイレに起きます。睡眠時間が長いため、これはしょうがないことと受け止めていました。 最近、日中でも尿意が頻回に起きる日があり、「睡眠時に一度ならまだいいけど、夜中にこんなに頻回に尿意が来たら困るな〜」と思い、その日寝る前、ベッドの中で膀胱あたりに手を当て、なるべく平常心で『すそいおん』を膀胱に集中して数回使ってみました。その夜は何度か目が覚めたものの、いつものような尿意は

うちには推定24歳の猫さんがいます。食べる量に波があり、高齢とは分かっていても心配が絶えません。 YouTubeで「『すそいおん』って言うといいよ~」って聞きました。猫さんの体調がよくなると思ってはじめたわけではないんですけど、ためしに日々ブツブツと唱えていました。 ごはんをすりおろしているとき、食べさせる時、介助のときに唱え…気付けば食べる量が増えとてもうれしいです。 美味しそうに食べてくれると

© 2022 すそいおんのおと

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

#すそいおん

Close Site Navigation
bottom of page