top of page

運命のキューピッド

友人の体験談です。次女(34歳)の男運が悪く、本人曰く「私は一生独身でいく」と。結婚に全く興味がない?それとも諦め? そんな娘を心配して、友人は結婚運が来ることを信じて『言葉』を秘かに使っていたようです。

そんなある日、次女の勤務先の後輩達が合コンをすることになり(もちろん次女は関係なし)、その当日にひとり欠員が出て、急遽その次女がピンチヒッターに借り出されました。何の興味も無く、淡々と参加していたのがひとりの男性の目に留まり(かなり歳下です)、交際を申し込まれ、トントンと結婚の日取りも決まりました。


友人は「『言葉』のお陰やわ、それしかないわ」と安堵していました。



V・EM(奈良県/70代)

閲覧数:213回

関連記事

すべて表示

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

言葉を知る者として

取引先の社長が脳梗塞で寝たきりになっていたのを知ったのは、倒れられてからもう2年半が経過した時でした。自分よりだいぶ年が若くとてもお元気だったので、大変ショックを受けました。ご家族や従業員の方が悲嘆にくれながら、日々自宅で看病しておられると聞き、『すそいおん』を知っている自分にできることがある、と勝手な使命感を抱いてお見舞いに伺いました。 寝ている社長に『すそいおん』と、できるだけ呼吸を合わせるよ

背中を押したすそいおん

知人の紹介で、20才の引きこもりの息子さんへのヘッドマッサージの依頼を受けました。 彼にも『すそいおん』を伝え、今日から、自分の名前を言いながら『すそいおん』を言ってみませんか。 と、お伝えしました。 3日後、彼の母親から連絡があり、就職活動を突然始め、面接に行くとの連絡が来ました。 しばらく経った頃、「息子は『すそいおん』のお陰で無事就職先が決まった、ご挨拶に行きたい!」と連絡が来て、今では家族

© 2022 すそいおんのおと

bottom of page