top of page

迷子の猫

飼い猫がハーネスをすり抜けて行方不明になってしまった方がSNSに情報を載せていると、息子が私に教えてくれました。

見ず知らずの方ですが、私も一昨年自宅から外に出てしまった猫を6日後に見つけた経験があったので、お手伝いするつもりでその方に連絡しました。


状況をお訊ねすると、その猫は島根で保護され函館に来てまだ10日目、断崖の深い竹藪のある立待岬を散歩している途中いなくなったそうです。

もしかしたら海に落ちたかもと、大変悲観されていました。

その日、岬の駐車場で車中泊し、かなり探したのですが手掛かりなしでした。


次の日も同様でした。

飼い主さんはどんどん絶望に近くなり、ただただ泣くばかりでした。

そのときに『言葉』を伝え、絶対に見つかるからどうか希望を持ってくださいとお願いしました。

何の根拠もないのですが、私は『言葉』を使うことで奇跡が起きると確信しているのです。


3日過ぎ、4日、5日と見つかることなく過ぎていきました。

我が家の猫は6日目に見つかったので、なんとなく6日目に見つかるといいなーと考えて、様子を聞こうとLINEしたところ・・・私のLINEと同時に玄関で「ニャゴニャゴ」と声が聞こえ、自力で自宅に帰ってきたとのこと。

迷い猫を捜すプロの方も「ありえん、奇跡だ」と驚いていたそうです。


『言葉』の起こした奇跡だと飼い主さんは喜んでくれて、一生お守り代わりに『言葉』を使いますと言ってくれました。

きっかけは何であれ、『言葉』を知ってもらい、使ってもらうこと、またここからほかに伝えてもらうことができるかなと思います。



黒猫四兄妹(北海道/60代)




閲覧数:25回

関連記事

すべて表示

使い続ける旅、運んだメダカ

『言葉』を使い始めて間もない頃のことです。 この「『言葉』の技術を確信したい」、そう思っていたある日、飼っていたメダカが死んでしまいました。 そこで私は、そのメダカに向け必死で『言葉』を使いましたが、残念ながら死んだメダカはそのまま水槽に浮いたままでした。 そして翌朝水槽を見たら、何と、泳いでいるではありませんか、、。 余りの驚きに、愕然としました。 そして、もう完璧に確信です。 この『言葉』が一

決戦の日、すんなり決着

来る。きっと来る。決戦の日は必ず来る…捨て猫、保護猫、野良猫と30年以上暮らしてきた中、最強に病院嫌いのぶんた。毎年夫婦で格闘20分。暴れ狂うぶんたを捕まえカゴへin。 今年もワクチン接種・血液検査が来た〜 が、私もアホじゃない。 決戦日1ケ月前から毎日、「ぶんた、『すそいおん』だよ。いい子 いい子。『すそいおん』だよ」と囁き撫でながら当日を迎えた。主人は例年通りド緊張… しかしながら、あっさり私

結果の見える有難さ

我が家の愛犬と暮らし始めて10年になります。夫や私が帰る車の音を聞きつけて、いつも玄関で待っていてくれるのですが、今日はあれっ!来ない…。どうした? リビングに行くとソファでクィーンと悲しげに泣いてる愛犬。腰を痛めて動けない状態になっていました。前にも1、2度そういうことがあり、病院に行って痛み止めの注射をして貰ったらすぐに良くなった経験があるので、今回も、と思ったのですが診療時間外でした。 どう

Comentarios


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page