top of page

ミステリーゾーン

高速道路を運転中のことです。

前方を走る車がスーッと中央分離帯へ引き寄せられていきました。

その時、左車線にはトラック2台が走っており、一瞬にして前方の軽乗用車が左車線のトラックにぶつかり、自分も巻き込まれて事故になる映像が頭をよぎりました。


その瞬間、『言葉』を使っていました。

ほぼ同時にブレーキを踏むと、その周りの空間が違う空間となり、時間も止まったかのようにゆるやかに流れていました。

前方の車は中央分離帯にぶつかったものの、ふらつきながらもゆっくりと左車線のトラックの前に出るとハンドル操作は安定し、しばらく走行した後に左分離帯に避け、事故にならずにすみました。


この瞬間にいったい何人の人が守られただろう、そしてその空間にいた誰も、そのことを知らない。

そう感じた『言葉』の体験でした。



46sn(大分県/40代)




閲覧数:35回0件のコメント

関連記事

すべて表示

大難を小難

新年早々の出来事でした。 前方の歩道から勢いよく走り寄り、車道を渡ろうとする女性がいました。車を減速させて停止し、その方が渡り終えたときです。後方車がブレーキをかけきれずに、ボコンという凄い音で追突してきました。 しかしその瞬間、真綿でくるまれたようなふわっとした感触があり、むしろ心地よいくらいで、音だけは凄いのに殆ど衝撃を感じず、身体には何の影響もありませんでした。 そして驚いたのは双方の車は全

言葉は生活の一部

『すそいおん』の言葉を知って1年半経ちます。今ではもう生活の一部になっていて、これ無しでは一日が始まらないし、終わりません。 朝『すそいおん』を言い、感謝をし、日中もふとした時に、或いは車に乗っている時、人に会う時、夜寝る前、夜中に目が覚めた時も言っています。 私は『すそいおん』の言葉を言うことで、感情が穏やかになり、何かあった時も、大難が小難になったりと、生活の様々な場面でとても助けられているの

“たまたま”が良い方に転がる

先日ある方を車に乗せて、走り慣れているいつもの狭い小路を運転していた時、助手席のその方が「いつもこんなふうに運転していて事故に遭わないの?右の小路から車が出てきたら一発でぶつかるよね。たまたま事故に遭わないでいるんだね」と驚かれました。 その時私は、たまたまが良い方に転がってこうして人生を生きられているのだと気づかされたと同時に、『すそいおん』を深く信じて使うようになってから、そのたまたまが良い方

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page