top of page

魔法の言葉の底力

これは、私が進路に迷った時のお話です。


何が嫌という訳ではありませんが、とにかく地元から離れたいという気持ちが強く出る時期がありました。かと言ってどこに行って何をしたら良いのかも分からず、自分自身の明確な答えを探す日々が続いていました。


そんなある時、頭でいくら考えても真の答えは出るはずが無い。身体に委ねよう。とおもい ぱっと思い付いた地名を紙に6つほど書いて小さく折り畳み、目を瞑って両手の中でシャカシャカと振りながら、「どうか道をお示し下さい。『すそいおん』」と言って一枚開いてみると、私にとってとても大切な場所がある地名を引いたのです。

6分の1の確率でここを引くなんて~!!と大興奮。その地にご縁があったこともあり、数日も経たないうちに、奇跡的に就職先も決まりました。


しかし、厳しい父に報告しなくてはいけないという大きな壁がありました。

父の背中に『すそいおん』。鏡の中の自分に『すそいおん』。

ドキドキしながら話すタイミングを伺っていると、父の方から、「最近は仕事の調子はどうだ?」と聞かれたので、実はね、と報告すると、笑顔で「やりたいことをやったらいいよ」と言ってもらえたのです。

これまでは反対されることが多かったので、とてもとても驚きました。

流れが良すぎて、目には見えない何かに感謝しました。


『すそいおん』、、魔法の言葉の力を実感しています。



nico(沖縄県/20代)

閲覧数:64回0件のコメント

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page