top of page

白猫イヴの奇跡

2021年5月28日に推定生後1ヶ月の白猫を保護しました。

イヴと名付け、すくすく順調に成長していましたが、1週間が経った頃、下痢と嘔吐をするようになり、動物病院に連れて行くと、熱も高く、猫の三大感染症の一つで、子猫の場合はほとんど助からないという説明を受けました。

とりあえず1週間分の薬を出され帰宅しましたが、チアノーゼも出てきて、「あぁー、やっぱりもうダメなのかな」と思い、涙が出ました。

でも、諦めきれず、一心に『すそいおん』を送り続けて夜が明けました…。


翌朝、奇跡は起きました!

ぐったりしていたイヴがいきなりシャキーンと目を開け、別物になって生き返ったのです。死の淵から何か持ち帰ったのか?まったく違う生き物になって帰ってきたと思うくらいに強く逞しく。


1週間後、病院に連れて行くと、獣医さんは「生きたんだ」と驚いていました。

白猫イヴちゃんの奇跡を通して、『すそいおん』の確信が今まで以上に確固たるものになりました。



WHO(青森県/50代)





閲覧数:47回

関連記事

すべて表示

使い続ける旅、運んだメダカ

『言葉』を使い始めて間もない頃のことです。 この「『言葉』の技術を確信したい」、そう思っていたある日、飼っていたメダカが死んでしまいました。 そこで私は、そのメダカに向け必死で『言葉』を使いましたが、残念ながら死んだメダカはそのまま水槽に浮いたままでした。 そして翌朝水槽を見たら、何と、泳いでいるではありませんか、、。 余りの驚きに、愕然としました。 そして、もう完璧に確信です。 この『言葉』が一

決戦の日、すんなり決着

来る。きっと来る。決戦の日は必ず来る…捨て猫、保護猫、野良猫と30年以上暮らしてきた中、最強に病院嫌いのぶんた。毎年夫婦で格闘20分。暴れ狂うぶんたを捕まえカゴへin。 今年もワクチン接種・血液検査が来た〜 が、私もアホじゃない。 決戦日1ケ月前から毎日、「ぶんた、『すそいおん』だよ。いい子 いい子。『すそいおん』だよ」と囁き撫でながら当日を迎えた。主人は例年通りド緊張… しかしながら、あっさり私

結果の見える有難さ

我が家の愛犬と暮らし始めて10年になります。夫や私が帰る車の音を聞きつけて、いつも玄関で待っていてくれるのですが、今日はあれっ!来ない…。どうした? リビングに行くとソファでクィーンと悲しげに泣いてる愛犬。腰を痛めて動けない状態になっていました。前にも1、2度そういうことがあり、病院に行って痛み止めの注射をして貰ったらすぐに良くなった経験があるので、今回も、と思ったのですが診療時間外でした。 どう

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page