top of page

まるで用意されたように…

『すそいおん』を使えるようになってきたと確信できた出来事の1つです。

一人で予約制の美容サロンをしています。毎月1回予約され、時間を守られる60代のお客様が、ある日連絡もなく予約時間を過ぎてしまいました。たまに予約時間を忘れてしまう方もいるので、忘れられたのかな?と一応ラインと電話をし、連絡してみましたが、そのときは出られず、数分後電話がかかってきました。

お客様は「行きたいけど行けないのよ。家のカギをなくしたみたいで…」と、普通に聞こえる内容でしたが、私の中でモヤモヤと残るものがあり、直接会いに行った方が良いのでは?という思いが湧いてきました。いつもならただのキャンセル扱いで済ますところですが、その時の私は体が動いて、会いに行っていました。

直接会うとどうも様子がおかしく、私のことも少し分からないような状態で、軽いパニック障害が起き、異常な様子でした。ふと感じ、勝手に体が動いたことで、結果的にお客様を助ける行動となったのです。

そのお客様を翌日無事にご家族の方へ引き渡すまで、仕事の予約なども一切入らずでした (引き渡した瞬間、仕事の予約が!)。まるで用意されたような、そうなるとわかっていたような、何かからの配慮にとても驚きました。

『すそいおん』は自分をあるべき行動へと変えてくれるものなのでは?と感じています。 今でもそのお客様との縁はつながっており、「あの時私が来てくれなかったらどうなっていたかわからない」と。この出来事がきっかけで、その方に『すそいおん』を伝え、私も送り続けています。

これからも、ふと湧いてきたものを大事にしたいと思います。



ふくゆき(熊本県/40代)

閲覧数:160回0件のコメント

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page