top of page

決戦の日、すんなり決着

来る。きっと来る。決戦の日は必ず来る…捨て猫、保護猫、野良猫と30年以上暮らしてきた中、最強に病院嫌いのぶんた。毎年夫婦で格闘20分。暴れ狂うぶんたを捕まえカゴへin。

今年もワクチン接種・血液検査が来た〜 が、私もアホじゃない。

決戦日1ケ月前から毎日、「ぶんた、『すそいおん』だよ。いい子 いい子。『すそいおん』だよ」と囁き撫でながら当日を迎えた。主人は例年通りド緊張…

しかしながら、あっさり私に抱っこされ、逃走脱走することもなくぶんたはカゴへin。

10~15秒の出来事に主人は目が点。『すそいおん』に感謝した次第です。

他の猫達にも撫でながら「元気、元気『すそいおん』」と囁いている。覚えやすく言葉の響きも優しい。

これからも、何かあっても無くても囁いていくだろう。教えてくれたYさんにも感謝、ありがとうございました。



まゆゆ(岩手県/50代)

閲覧数:82回0件のコメント

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

参加表明

すそいおんのおとを初めて開いた。 未知の扉を怖々開けると、そこには知る由もない、全く新しい法則とやらが書かれていた。 そして、その取り扱い説明書のくだりを一気に読む。 ふむふむ、、 とりあえず、信じなくとも良いから、訳がわからなくとも良いから、 ひとまず素直に試してみませんか、の誘い、そして頭であれこれ考えるのでなく、自身の感覚や直感に従って、との事。 なるほど、、 ここで湧く2つの感情。 本当に

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page