top of page

魔法使いへの道

●主人が、仕事上の事故にもつながりかねないほどミスの多い部下に『言葉』を使ったら、その部下が転勤になった。


●やけどをして、すぐに『言葉』を使ったら、治りが早かったように感じた。


●波の満ち引きのイメージで呼吸を意識して、『言葉』を使っています。ゆっくり吐く時に『すそいおん』を言います。わたしの場合、これが一番安定した使い方です。


●約束の時間に遅れ、『言葉』を使いながら車を走らせていたら、焦る気持ちが落ち着き、到着したら、楽しげな話題で盛り上がっており、普段は時間に厳しい方なのに、遅れたことに対して全く気にされていなかった。


●夜中に目が覚め、わたしには『すそいおん』の言葉が足りないという思いに駆られ、何度も自分自身に『言葉』を使った後から、日常的に自分に『言葉』を使うことが増えた。そういえば、努力や頑張りではなく、淡々と過ごす日常の先に少しずつ進んでいる自分がいる気がしている。



器凛(宮崎県/50代)

閲覧数:129回0件のコメント

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

シャワーですそいおん

私はサロンをして8年目になりますが、施術をしていると、具合が悪くなる時があります。 背中が痛くなったり、お腹が張ったり、下肢のリンパが苦しくなったり、、 。そうなるとスッキリするまで2日間くらいかかることもありました。 ある時、流れてる水(又はお湯)をあてながら『すそいおん』を使うと良いと聞き、施術で具合が悪くなった夜に早速シャワーで試してみたら、翌日には完全にスッキリしていて、すごく助かりました

Comments


© 2022 すそいおんのおと

bottom of page