top of page

火難に言葉力

一昨年の暮れの朝、隣の部屋から、尋常じゃない母の声が聞こえてきて、部屋を覗くと誰かと電話で話している様子で、相手は徒歩10分の距離に住む母方の祖母でした。なんとおばあちゃんの周りの家が火事になっており、もうすぐおばあちゃんのお家も燃えてしまうとのことでした。大好きな祖母で、3歳まで祖母のその家で育ちました。泣きじゃくりながら、必死で『言葉』を繰り返し祖母の家に駆けつけると、その一帯から黒く大きな炎と煙がたちのぼっておりました。既に消防車も到着して消化活動もされており、『言葉』を使いながら祖母の家に近づくと、その周りの住宅3軒は物凄い勢いで燃えていたのですが、祖母の家だけは全く燃えておらず、消化活動の水さえかかっておりませんでした。結局、祖母の家以外は全焼だったのに、全くの無事で済みました。

いろんな状況が重なって奇跡的に無事だったのかもしれません。でもやはりこれは『言葉』の力が見せてくれていることなのだと、その時も今も強くそう感じます。これからも日々、出来る限り『言葉』を発し、身体に『言葉』を蓄えていかなければと思います。



shi-nachan(宮城県/30代)

閲覧数:35回

関連記事

すべて表示

諦めずに2年。やっぱり何かあるのかも、、

『すそいおん』を使い始めて2年が過ぎようとしています。 大学時代の先輩からは、祈りじゃないからね、とか、ただお願いするだけではダメだなんだよ、などと聞いていたので、初めは使うこと自体が少し負担で面倒だと感じていました。 当然の事ながら、人は他人の説明や体験談など、所詮人ごと。 我が身に起こってこそ、初めて真実味が帯びてくるものです。 そしてここに来て、 "もしかしてこの『言葉』、やっぱり何かあるの

まずは自分に言葉を使う

私の母は元々、気性の激しい人で、年齢を重ね、認知症?と思うほど、騒いだり、暴れたりすることが増えて来ました。周りの人たちも心配するくらい、激しく騒いだり、腕を掴まれてアザだらけで、半袖が着られないことも度々ありました。病院の検査もガンとして受けません。 ある時、母が騒いで絡んで来るので、部屋に入って来ないようにドアを押さえていました。あまりにうるさいので『言葉』を使ったのですが、なかなか静かになり

言葉を知る者として

取引先の社長が脳梗塞で寝たきりになっていたのを知ったのは、倒れられてからもう2年半が経過した時でした。自分よりだいぶ年が若くとてもお元気だったので、大変ショックを受けました。ご家族や従業員の方が悲嘆にくれながら、日々自宅で看病しておられると聞き、『すそいおん』を知っている自分にできることがある、と勝手な使命感を抱いてお見舞いに伺いました。 寝ている社長に『すそいおん』と、できるだけ呼吸を合わせるよ

© 2022 すそいおんのおと

bottom of page